2005年12月09日

北の大地で 2日目

起床が6時
眠たいけど部屋は暖かかった。
流石は、北海道。防寒仕様の建物だけのことはあります。

8時にはホテルを後にして
札幌へ。
が、さっさと札幌駅へ行き
電車に乗って小樽へ。

冬の味覚を味わいに行きます。

(電車に揺られること30分弱)

小樽に着きました。
雪が降ったりやんだりしてました。
海に近い町だけあって
寒いし雪がこんこんと降ってました。
そして、旭川と同様に雪が積もっていた。
小樽に付いた後はテキパキと行動むかっ(怒り)
札幌集合の時間まであっという間に過ぎてしまうと
予想していたからです。

雪解けで凍った地面を踏んで転ばないように気をつけながら
小樽を散策です。
大正硝子館に北一硝子館、運河などキョロキョロ
見て回りました。
そして、待ちに待った昼ごはん。
相方さんは鮭とイクラの親子丼(なんと毛蟹一尾つき)
私は雲丹イクラ丼を注文。
#写真は後日載せます。
イクラがぷりぷりしておいしい揺れるハート
雲丹もあまみがあったとってもうまかった ウマ━(゚∀゚)━!

で二人して毛蟹と格闘しながら食べ終わると
札幌に戻るにはいい時間でした。
で、小樽駅へ

(電車に揺られて30分弱)

札幌駅到着!!
残り30分!!
北海道旧庁舎→札幌時計台
と見て周り
またしても、ミュンヘンクリスマス市へ
時間ねーよとか良いながら
ちょこっと物を買って集合場所へ。
一番最後でした。でもぎりぎりセーフ。

そこからバスに揺られてお土産店によって
新千歳空港へ。
懲りずに空弁で雲丹・イクラ・蟹のをチョイスしてしまってるあたり
お金を使ってしまったなと反省。
相方さんはイカ飯をチョイス。

で、そのごやっと飛行機に乗り込んで
多少ゆれにも動じずにぐっすりと飛行機の中で眠って
羽田に戻ってきました。
そこからつくばセンターまでバスで。
(以下、略)

感想:
・飛行機で北海道に行くのは、電車で1日かけていくよりもすごく楽だった。
・旅行にいったら取りあえず旨い物を食すのが一番の自分へのご褒美。
・フリープラン+車の方がいろいろ自由に行動できてええなと
(お酒が飲めなくなるけどね)
・もう一度、夏にでも行きたい(富良野とか道東方面)
posted by もと at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。