2006年01月28日

モーツァルト

生誕250年で記念行事 モーツァルト一色に

 【ウィーン27日共同】天才音楽家モーツァルト(1756−91年)の生誕250周年を迎えた27日、モーツァルトが生まれたオーストリア・ザルツブルクや、最後の10年を過ごしたウィーンでさまざまな記念の催しがスタート、今年末まで両都市はモーツァルト一色に染まりそうだ。
 ウィーンでは、モーツァルトが過ごした旧市街中心部の建物が改修され、記念館「モーツァルトハウス」としてオープン。モーツァルトの結婚式と葬儀が行われたシュテファン寺院ではウィーン少年合唱団が「戴冠ミサ」などを披露し、ウィーン国立歌劇場(オペラ座)や楽友協会ホールでもモーツァルト作品を上演


だって。ザルツブルグには一昨年いったことあるけど、
今年の旅行でも行ってみようかなー。
ウィーンから数時間電車にのれば着けちゃうからねー。
どーしましょ。
posted by もと at 22:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
両都市とか大きいウィーンとか過ごした
大きい結婚式と、大きいウィーンとかをスタートしたかった。


Posted by BlogPetの猫太 at 2006年02月08日 09:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12418259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。