2005年08月19日

Fukuroda falls

昨日行って参りました。
流石、日本三名瀑布といわれる場所だけあって
素晴らしかったです。
マイナスイオン大量発生るんるんという感じでした。

残念ながら、天気はそれほど宜しくなかったのですが、
雨も本降りにならず、それほど紫外線も強くないと
いう感じで、まずまずでした。

朝10時過ぎに出発してR6の1車線のところでの渋滞に
悩まされながら快調に進みます。
水戸を過ぎて、R6から外れ、
袋田の滝に向かう前に、竜神大吊橋

竜神大吊橋では「
ダムの維持・管理目的でもなく
橋を渡っても行き止まりなのになんでこんなん作ったんだろうね」
とか考えていましたが、webでもそれについて
書いてある記事があってその橋の効果について書かれてました。
*ここ
私も秋に紅葉を見にくれば綺麗だろうなと
思える景色でした。
ちなみに渡橋料は\300でした。適度だと思われます。
高すぎず安すぎず。

竜神大吊橋を後にして次は袋田の滝へ
県道33を通ったのですが、狭かったです。
すれ違うスペースすらない道でした。

袋田の滝では先述の通りマイナスイオンを浴びてまいりました。
滝からプワーと突き上げる風と水滴が
非日常な感じで楽しかったです。(表現下手)
滝のそばには吊橋もあって滝を撮影するにもばっちりで
ユラユラ揺れて楽しかったです。二人して
Pはここを渡れないかもね、とか言い合ってました。
その橋の近くにある「月居山ハイキングコース」に
行ってしまいました。今考えれば過ちだった。
最終地点では生瀬の滝があったそうなのですが
今の体力では無理でした。筑波山登山などで鍛えないと無理ですね。
秋or冬ではちゃんと登ってみたいところ。

袋田の滝でだいぶ時間を使ってしまって
15時過ぎに近くで蕎麦を食べました。
山菜蕎麦を僕が。彼女はとろろ蕎麦を食べました。
で、腹を満たした後は
「観光やな」へ

正直、「やな」ってなに?という感じでしたが
見たことあるーというものでした。
小腹が空いたので鮎の塩焼きを食べつつ
奥久慈川と"やな"をみて帰途に着きました。

帰り、50号が微妙に混んでいたので
彼女のナビに従って県道42で筑波山の山越えをしてしまいました。
夜+うっすらとした霧+急勾配ということで
かなり参ってしまいました。
オートマのL2ギアでずーっと登りました。ドライブの
まんまでは不可ですね、あれは。
webでその道を下っているのを紹介したページがあったので
リンクを。*ここ
この山道を登りました。次は確実に迂回して帰りたいと思います。

おまけでつくばの夜景が望めたのは良かったです。

*追記
写真追加しました。
DSC01014a.jpg
滝その1

DSC01017a.jpg
滝その2

DSC01020a.jpg
滝その3

DSC01027a.jpg
滝その4
posted by もと at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。