2005年09月03日

こんにちは、伊達さん[9/5 posted]

タイトルだけでわかった人は、その直感はすばらしいです。
はい、ということで仙台に行ってきました。
もちろん18切符で。ビバ18切符☆な気分で行きましたよ。
往復1万ちょいするルートを2千円ちょいでいけるのですから。

行き:
眠たい目をこすりながらもPをお迎えに行き
ひたち野うしくへ。始発で出発。意外に人が・・・
時刻表を見ている猛者たちを何人か見かける。
8時過ぎ?9時前?くらいに「いわき」着。
コンビニで朝食を調達し駅へ戻る。
途中、茨城で生活していては聞けないような方言で
地元民と思われる女性が友達と思われる人たちと会話している
のを聞いて、すこしウケル。
方言っていいよね。
そんなこんだで原ノ町を経て仙台へ到着。
12時過ぎ。約6時間の電車のたびである。
ついたとたんに雨が!!!うん、ありえないよー。

暫し時間をつぶす為にS-PALへ。
雑誌を立ち読みして、作戦を立てる。
伊達さんを見に行く為に仙台城址へ行くことを決定する。
いざ実行に移すときには雨が上がっていた。らっきー★
が、極度に湿度が上がってムシムシしていた。
不快指数急上昇してましたよ、ほんと。

仙台城址へ。レトロな概観のループル仙台のバスで移動。
目的地に到着した後は、杜の都仙台を一望し、
伊達さんをバックに記念撮影♪
そして、「ずんだシェイク」を発見し購入。あー、ずんだずんだ♪でした(謎)
仙台城址をあとにし駅にカムバック
仙台に来た目的のボスである牛タンを食べる為に
牛タンストリートを練り歩く。(と言っても数十メートルしかないのだが)

どこに入るか迷ったが、喜助で牛タン定食をオーダーしました。
美味しく牛タンを食した後
帰るの電車まで時間があるので、お土産品を散策です。
ずんだ関連商品に牛タン、地酒など様々でした。
迷った後、ずんだ餅と地酒を購入しました。

<続く・・・(後で記述します。)>
お土産を購入した後、ふらふらと駅コンコースなどを
散策した後、ひたち野うしくに帰れる最終便より2つ前の
電車で早めに帰ることにする。予定では22時前にはひたち野うしく着。

が、電車が走り出してしばらくすると、
なかなか駅のホームから電車が出発しないという現象が起きてくる。
アナウンスを聞くと、
「原ノ町〜・・・間の集中豪雨のためダイヤが乱れております」
といっている。
雨でダイヤが乱れるなんてどうにかしてるよ常磐線!
単線で列車の行き違い待ちをするなんて如何にかしてるよ常磐線!!

雨ぐらいで遅れるなよと思いつつも、そのまま乗車。
次第に乗客は降りていき、仕舞いには人車両に数人しか
乗っていないという状況になっていた。やっぱ、常磐線だ。
雨でなんかで遅れていたら定時運行するのが
当たり前だと思われる電車としては致命的なマイナス。

そんないい加減な常磐線にげんなりしつつ乗車していると
「40分近く遅延しています」ではなく「大幅に遅れまして・・・」
とアナウンスが。いい加減、そのようなアナウンスは聞き飽きたので
流すよりも列車を飛ばしてほしかった。もしくは、
フレッシュHなどの快速に乗せてほしかった。

この遅延によって一気にげんなりし、モチベーションも落ちたけど、
なんとか出発点に戻ることに成功。
2便早く出ていて、これなのだから1便だと最終で、
最終便だと戻ってこてなかったかもしれない。
やはり電車といえど常磐線。侮ってはいけなかったようだ。
もう、常磐線は信じられないぜと言い切れるぐらい
常磐線に対して不信感が募った旅でした。

仙台で食べた牛タンとずんだシェイク
それに見てきたものは宜しかったです。
電車だけ最悪なのでした。
事故を起こして、マスコミにぎゃーぎゃーと叩かれたJR西だけど、
それの運営を見習ってほしい。列車は快適だし
快速、新快速はあるしと。常磐線が廃れていくのは良くしていこうと
いうモチベーション、姿勢がないことが原因ではないかと思えてしかたがない。
posted by もと at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。