2005年10月26日

雨は憂鬱

折角、朝から洗濯をして干しておいたのに
濡れていた。
折角、朝から研究室へ行ったのに、
濡れて帰った。

昔は、雨でこんなに憂鬱になることなんてなかったのに。
嫌な体育の日に雨が降ると喜んでいたり、
小学校の集団登校のときに、大木の下に
傘を差して数人集まって誰かに木を蹴ってもらって
ドバァーと落ちてくる雨を傘で弾くのを純粋に
喜んでいたのに

雨に対するイメージが変わってしまったなー
単純に年をとって遊び心を失ってしまったから?
それとも、それ以外の何か?
なんで、アノころの雨はあんなにも僕を憂鬱ではなく
うきうきとさせていたのだろう。
そして何が変わってこう感じるようになったんだろ?
posted by もと at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8617183

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。